SNSという言葉を聞いたことがないという方は、比較的少なくなっています。雑誌やテレビなどSNSはさまざまなメディアで紹介されており、耳にする機会はとても多くなりました。SNSは若者を中心に使われているサービスの一つですが、高校生や大学生だけでなく、主婦の方や中年層の中にも活用している人は少なくありません。

SNSはさまざまな端末からアクセスすることができます。パソコンは当然のことですが、スマホやタブレットなど接続端末が狭くないという点も魅力として考える利用者は多いです。このように生活に広く浸透しているSNSですが、SNSを活用して動画広告を配信する人もいます。

SNSは、あらゆるユーザーと触れ合うことができます。SNSと一言で言ってもさまざまなサービスがありますが、つぶやきを投稿して今の気持ちなどを言葉で伝えることも可能ですが、言葉だけでなく画像や動画を投稿して伝えることもできます。特に動画は言葉や画像よりも伝えやすいという特徴があります。そのため、商品やサービスを動画で紹介をすれば、視聴者の中にはその動画を見て商品やサービスを使いたいと考える人も現れるかもしれません。

動画をSNSにアップロードすることで、地域に限らずさまざまな人がその動画を目にする可能性があるので、一定のメリットを感じる企業も少なくないでしょう。ではSNSで広告動画を配信することで配信者はどのような魅力を得ることができるのでしょうか。